日本タッチケア協会|より良い親子関係の確立と子供の健全な育成・育児支援を目的としてタッチケアの普及や学術的研究の活動支援

日本タッチケア協会|より良い親子関係の確立と子供の健全な育成・育児支援を目的としてタッチケアの普及や学術的研究の活動支援


トップ » タッチケアとは

広い意味では、「赤ちゃんと親の心と体がふれあうことにより、親子のきずなを深めることの大切さを唱えるコンセプト」のことです。具体的には、赤ちゃんと親が、見つめ合い、語りかけながら赤ちゃんの素肌にしっかりふれる、なでる、少し圧をかけながらマッサージする、手足を曲げ伸ばしするなどの手技を行います。これにより、赤ちゃんの情緒が安定し、ストレスホルモンが減少することなどが証明されています(効果とデータ)。また、同時に親への効果も確認されています。

タッチケア普及の目的

スキンシップ不足、抱っこを嫌がる赤ちゃん、幼児虐待などが急増する中で、親子があたたかいコミュニケーションをとりながら、「親子のきずな」を深めていくお手伝いをすることが目的です。

タッチケアのルーツと広がり

1992年米国マイアミ大学内に設立された「タッチリサーチ研究所」(TRI:Touch Research Institute、フロリダ)のティファニー・フィールド博士によってアメリカで確立。アジア・オセアニアなど世界20か国以上の赤ちゃんが、医師・助産師・看護師、そしてお母さん、お父さんからその手技を受けており、日本でも本格的な普及活動が始まっています。

タッチケアの手技は2通り

新生児(特に低出生体重児:NICU新生児集中治療室にいる赤ちゃん、もしくは月齢3か月未満の健常児)向けと、3か月以上の健常児向けの2種類です。
このホームページでは、タッチケアをする人の代表として「親」または「お母さん」と表記していますが、実際にはお父さん、おばあさん、おじいさん、兄弟、姉妹など赤ちゃんのご家族を含みます。

タッチケアで深める親子のきずな

日本タッチケア協会
名誉会長
前川喜平
東京慈恵会医科大学
名誉教授
タッチケアは母と子の結びつきを強め、赤ちゃんの発達を促進するものです。
生まれたばかりの赤ちゃんをお母さんの胸の上に置くと、お母さんは自然と手を赤ちゃんの背中に置き、やがてなでるようになります。こればかりではなく、お母さんは赤ちゃんを抱きしめたり、さすったり、なでたり、頬をすりよせたりします。これがタッチケアの原点です。我が子を可愛いと想う親の自然な行動として、楽な気持ちで始めてください。
我が子と過ごす楽しいひととき、それがタッチケアです。

効果とデータ

タッチケアの効果は、低出生体重児(未熟児)をはじめとするハイリスク児に限定されたものではありません。ごく一般的な乳幼児にとっても、同様の効果があることが、研究からも実証されています。

低出生体重児の体重の増加

マッサージを受けた低出生体重児は、マッサージを受けていないグループより、1日あたりの体重増加が平均で約47%高いという結果が得られました。

乳幼児のストレス軽減

Field TM, et al. Tactile/kinesthetic stimulation effects on preterm neonates. Pediatrics. 1986; 77: 654-658
Field TM, et al. Massage therapy for infants of depressed mothers. Infant Behavior and Development. 1996; 19:107-112
1か月から6か月の乳幼児に、タッチケアを何週間か続けることによって、ストレスの目安となる尿や唾液中のコルチゾールの量が減少することがわかりました。

入眠時間の短縮

入眠に問題*を抱えている3か月~3歳(平均1.5歳)の児23名を無作為に、マッサージ(就寝直前に15分)群、読み聞かせ(就寝前に15分)群に振り分け、4週間後の入眠状況を確認した。*平均入眠潜時が30分以上、就寝時に騒いだりぐずったりして、養育者のストレスとなっている児。本テストでは、4夜のうち2夜このような状態がある児を対象としたField TM, et al. Sleep problems in infants decrease following massage therapy. Early Child Development and Care. 2001; 168: 95-104
マッサージを行うと、1日目は眠りに入るまでに40分以上かかっていた乳幼児が、4週間後には約25分で眠りについたという結果が出ました。

タッチケアにおけるオイルの有用性

月齢1か月の新生児60名に、オイルを使った場合と使わなかった場合とで、タッチケアへの反応を比較したところ、オイルを使ったほうが、むずがったりすることが少ないという結果が出ました

 

※データのコピー、転載など、使用される場合は、協会へお知らせください。
また、使用の場合は、出典先 日本タッチケ協会と必ず明記をお願いします。